HOME/NEWS ABOUT US RACE SCHEDULE RACE REPORT SPONSOR ORANGE SUPPORTER CONTACT
 

  EVENT INFORMATION 9.13

9/16 SAT, 9/17 SUNの2日間、エスパルスドリームプラザ(静岡市清水区)
1F海側デッキにて、今年も「静岡はたらくクルマ展」が開催されます!

パトカー、白バイ、消防車、救急車、TV中継車などなど、あこがれのはたらくクルマ
たちを見て触れてできる、毎年大好評のイベント。エスパルスドリームレーシングも
鈴鹿8耐参戦仕様のマシンを展示いたします。お子様連れの方に特におすすめのイベント
です。ぜひお越しください!



「はたらくクルマ展」イベント情報

    
 

  SPECIAL THANKS

2017鈴鹿8耐へ参戦した「エスパルスドリームレーシング・IAI」を
応援してくださったすべての方へ

心から感謝申し上げます。 ありがとうございました!




2017鈴鹿8耐レース報告書はこちらからダウンロード

    
 

  REPORT OF SUZUKA 8H 8.1

チーム初参戦となる鈴鹿8耐が終了いたしました。
以下、レースウィーク〜決勝レースまでのレポートです。


7/27木曜のFP(フリープラクティス)、チームベストは2'09"312で総合8位でした。
新たに第3ライダーとしてオーストラリア出身、アレックス・カドリン選手が加入いたし
ました!


7/28金曜の公式予選の結果は総合11位でした。


7/30日曜の決勝レース。
スタートライダーはブルーの腕章、生形。スタートは上手くいきましたが、数周目で
2回の追突にあってしまいます。それでも転倒からマシンを守り、走りきりました。

2スティント目、イエローの腕章、マーセル=シュロッター。マシンの修復に15分を要し
順位が60位まで落ちたところからの走行。ここから追い上げを開始。

3スティント目、生形。1スティント目で追突された左ももにかなりの痛みあり。激しい
ダメージを負ったマシンで1時間近く走行したため、他にも痛みが出ている様子。

4スティント目、レッドの腕章、アレックス=カドリン。レース中のトラブルに動じない、
冷静さを保ったメンタルはさすが耐久チーム(SERT)の選手。

5スティント目、生形。脱水症状、体重減少とダメージが大きくなっています。

6スティント目、マーセル。レースも終盤に差し掛かった時間帯にもかかわらず、
まるで予選のタイムアタックような速さで周回を重ねます。

7スティント目、生形4度目の走行。最後の力を振りしぼって走行します。この時点で
順位は24位まで上がりました。

ラストスティントは、マーセルの体調に不安な要素が出現したため、アレックス。
一気に暗くなり視界も変わってくる時間帯ですが、それでも最後に1つ順位をあげ、
23位で無事チェッカーを受けました。


レース序盤からトラブルに見舞われ大きく順位を落とすことになってしまいましたが、
メカニックの懸命な作業により、レースに復帰できました。
そしてマーセルの速さ、アレックスの安定感、生形の意地がなければ、ここまでの
追い上げはできなかったと思います。絶望的な状況から、最後まで諦めず走り続ける
姿勢は間違いなく一流でした。

順位だけで言えば必ずしも満足とは言えませんが、初出場で無転倒&完走。大きな
成果です。

あらためまして、最後まで応援していただいた皆様、ありがとうございました!



    
 

  INFORMATION OF SUZUKA 8H 7.25

先日募集期間の終了した8耐クラウドファンディングにおいて
一定額以上のご支援をいただいた個人様、企業様をご紹介いたします。


北村信 様

アオキトランス株式会社 様

鈴木モータース 様

株式会社Pacific Diner Service 様

松田製作所 様

三重伊藤家 様

Yota 様

Rosso Cars 様

Y.M.Hosokawa 様

ありがとうございました!


    
 

  EVENT REPORT 7.19

7/15、チームの活動を日頃より応援して下っているスポンサー企業様、
個人様にお集まりいただき、ホテルアソシア静岡にて「S-PULSE DREAM
RACING・IAI 鈴鹿8耐参戦記念パーティー」を行いました。

タイトルスポンサー様である、株式会社アイエイアイの石田社長様をはじめ、
株式会社小林製作所の小林社長様、株式会社ワースワイルの岡本社長様にも
ご挨拶いただき、非常に盛り上がりました。
またたくさんの励ましのお言葉をいただき、ライダー2名も、スタッフも、
本番への覚悟がさらに深まりました。来週に迫ったレースに向けて、気を引き
締めてがんばります!




MFJ SUPERBIKE掲載記事
    
 

  INFORMATION OF SUZUKA 8H 7.14

S-PULSE DREAM RACINGの鈴鹿8耐参戦について、
鈴鹿8耐参戦資金を募るため行っておりましたクラウドファンディングが、
7/13をもってご支援の受付期間を終了しましたことをご報告申し上げます。

沢山の方々にご支援いただき、1,248,000円が集まりました。厚く御礼申し上げます。

集まった支援金は、鈴鹿8耐参戦のための費用にすべて充てさせていただきます。





    
 

  REPORT OF SUZUKA 8H 7.13

<FIM世界耐久選手権最終戦 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース
第40回記念大会>

事前テスト2 1日目は8耐っぽい厳しい暑さとなりました。各部調整をしながら
走行スタート、チームのベストタイムは2'09"545で、総合9番手。ナイトセッ
ションもしっかりこなしました!

2日目は、午前は晴れ、一転して午後はピットレーンが川のようになるほどの
豪雨となりました。ベストは2'09"403で、総合9番手。SUZUKI勢ではヨシムラ
スズキMOTULレーシングに次ぐ順位でした。

そして最終日のベストは2'09"157で、総合10番手。この3日間では11番手でした。

いよいよレースウィークに向けての準備も最終段階に入ります。8耐という大きな
大きな舞台に挑戦する今年産声をあげたばかりのチームですが、チーム一丸、
着実に歩を進めています。
応援よろしくお願いいたします!






    
 

  EVENT REPORT 7.9

7/9(日)、静岡市にありますマークイズ静岡にてS-PULSE DREAM RACINGの
マシン展示をいたします。

今回は、全日本選手権J-GP2クラス参戦マシンと、鈴鹿8耐参戦マシンの
「W展示」させていただきました!

にぎわう店内に異色のバイク展示。オートバイレースや8耐の魅力が伝われば
との企画でしたが、結果は大成功と言ってもいいのではないでしょうか。5時間
程度のイベントでしたが、100人を軽く超えるお子さんがバイクに乗ってみたい!
と言ってくれ、地元の企業スポンサー様、レースファンの方、ご近所さんやライダー
の同級生まで!地元ならではの方々にも大勢来ていただきました!

レース開催のない地元静岡の方々に、我々の活動を実際目にして、感じていた
だける貴重な機会となりました。





    
 

  REPORT OF SUZUKA 8HT 7.6

<FIM世界耐久選手権最終戦 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース
第40回記念大会>

いよいよエスパルスドリームレーシング・IAI本格始動です。

事前テスト1日目は雨がパラつき、不安定なコンディション。思いきり走りこむという
ところまではいきませんでしたが、チームのベストタイムは2'11"337で、総合9番手。
シュロッター選手もチームに馴染み、さすがの走りです!

2日目のベストは、暑さも増した午後の2'09"661で、総合9番手。
来週のテストまでしっかり準備を進めてまいります。応援よろしくお願いいたします!






    
 

  INFORMATION OF SUZUKA 8H 7.1

S-PULSE DREAM RACINGの鈴鹿8耐参戦について、
生形秀之のペアライダーを発表いたします!

応援よろしくお願いいたします。




    
 

  EVENT REPORT 5.27

清水エスパルスのホームゲームが行われるIAIスタジアム日本平にて
S-PULSE DREAM RACINGの鈴鹿8耐参戦マシンを展示いたしました。
最高時速300kmのモンスターマシンにまたがってみたり、ライダー生形秀之と写真を
撮ったり。お子様だけでなく、女性や大人の男性にも人気のイベント、

地元の応援してくださっている方々とも久々にお会いできました!




    
 

  INFORMATION 2.23

2017シーズンのレース参戦について <追加情報>


”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 第40回記念大会(7/27〜30)に参戦いたします。

チーム名:S-PULSE DREAM RACING(仮)
ライダー:生形秀之
ライダー:未定
ライダー:未定
ゼッケン:未定
マシン:SUZUKI GSX-R1000
タイヤ:BRIDGESTONE


これにあたり、4/22、23に行われるMFJ全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)にも参戦いたします。
自らのチームで初めての8耐参戦! 応援宜しくお願いいたします!



コカ・コーラ鈴鹿8耐第40回記念大会オフィシャルサイト
2017全日本ロードレーススケジュール

 
Copyright © 2008 S-PULSE DREAM RACING All rights reserved.